庭造り2

アマリリス、芝の移動

IMG_5993

前回は叔父達の敷地との境い目に石と、鉢植えのヤツを移動し始めたところまでを紹介しました。今回はもともと植えられていたアマリリスも移す必要がでてきたので、その様子を紹介します。画像では切れていますが、端の方に長方形の石が積まれてて、それが土地の境界となっています。その場所へ石と鉢ものを移動します。

IMG_5997

当初はこの状態で住宅を建て、そのあとで発覚した境界の問題が解決し、昔通りに使えることとなり、思い切ってレイアウトを変えることにしました。

IMG_5991

父は生前、この場所へ4インチブロックを地面へ並べて埋め、境界へアマリリスを入れたようです。今回はその場所へ手で移動できるレベルの石を並べるため、少しでも雑草が生えないようにマットを敷き、その上に台形の石、天然の石灰岩を上の画像のように並べ、鉢植えは適当なものから台形の石の上に置いていきます。アマリリスは埋められたブロックの横へ大体20cm間隔程度で2列に移動していきます。

IMG_5992

こんな感じで地面を掘り、アマリリスを入れてからマットを延ばして石を置いて鉢を選んで載せる、という作業を上の画像に見える6インチブロックの場所まで繰り返します。

IMG_5996

これで約半分まできた、というところですね。台形の石を転がして移動するのが大変でした😅

IMG_5994

今までマットを敷いてあったところは芝も雑草もない状態なので、アマリリスを移植する場所から芝をはいで、適当に穴を掘り、芝を入れていきます。あとで大変になるとは思いますが、早く終わらせたいので少々の雑草が混じっていてもよしとします。

IMG_6006

芝が少ないところへ掘った土と芝を、元の土を抱かせたまま移植していきます。

IMG_6005IMG_6009

大体こんな感じになりました。庭造りとしては、大きい石の移動と果樹の植えつけ、雑草退治が主になりますが、そろそろ刈り払い機のパーツと工場の壁張りの資材が揃うので、そっちを先に終わらせようと思います。今回はここまでです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新ダイワS250

分解

IMG_6015

以前に回転をかなり上げないと刈り刃が回らない、というトラブルでクラッチシューとホールドスプリングを交換しました。ですが、症状が改善されないのでシャフト、エンジンまで外してみました。

IMG_6014

上の画像の四角形のパーツにクラッチドラムとベアリングが入り、その中心部にエンジンから刈り刃へ動力を伝達するシャフトが何個かのガイドを通っていきます。そのシャフトのエンジン側でサビがかなりでてて、かなり重くしか回りませんでした。それが原因でエンジンの回転を全開近くまで上げないと刈り刃が回らない、というトラブルを起こしていたようです。

IMG_6013

上のパーツから取り外したドラムとベアリングです。確かにここまで錆びつくとエンジンが低回転の時には刈り刃は回らないですね💦父が生前から使っていることから、30年ほど経っている機械なのでよく働いてくれてます!今回でこの作業は3度目になりますね。

IMG_6011

シャフトの中をクリーナーをたっぷり流して清掃。パーツ到着を待ちながら、動きのシブかったスロットルレバー、ケーブルも同時交換します。それではまた。

 

 

 

 

庭造り

配置換え

IMG_5794.HEIC

今年の夏頃の画像ですが、叔父の敷地と自分たちとの境界の問題をクリアできそうなので、鉢植えのものと小さめの石を移動することにしました。2m弱の移動ではありますが、センスのない自分には難しい仕事となりますね😅

IMG_5997.HEIC

縦に積まれている石が境界線になるので、まずはそこへ植えてあったアマリリスたちから移動します。父が生前に花壇のスペースとして造ったようで、よく見ると4インチブロックが境界線から50cm離して1列に埋められてました。今度はそのブロックから住宅よりに寄せてアマリリスを植えつけます。

IMG_5992.HEIC

こんな感じでアマリリスを抜いた後にマットを敷いてから石を並べていきます。鉢植えの台になっているのは木造住宅の基礎部分で使っていたものです。台と台の間には小さめの石を置いていくようにします。

IMG_5991.HEIC

こんな風になります。鉢植えのヤツがイマイチきれいではないのですが、様子を見ながら育てていこうと思います。また石もこれは仮置きなので、みんなの意見を聞きながら設置しようと思います。どうしても石の大きさは揃わないのでこのへんはあとで調整、という事でとりあえず石を移動していきます。今回はここまでです。

 

 

 

 

庭造り番外

家庭菜園

IMG_5964

庭石を置こうにもまだプランも確定してないし、へんな時に台風にもやられて庭は雑草抜きくらいでほとんど手付かずの状態です😢 なので母の菜園に保湿性のいい粘土質の土を混ぜよう、ということになり知り合いの設計士さんが受けている現場から2t車2回分の土をもらってきました。画像は1回目のを降ろした状態のものです。

IMG_5960

ただ、自分はこの粘土質の土だけでは葉野菜とか植えつけたことはないので、ホントに大丈夫かな?と思ってたら、赤土を混ぜるといいよ、と経験者からのアドバイスがあり、庭の一部から赤土を掘り、住宅裏の菜園まで運び混んで混ぜ合わせます。大体、五分五分になるようにしたつもりです。

IMG_5966

植えつけ

IMG_5981

姉からもらったジャガイモの種イモです!すでに姉が切ってくれてあったので、一晩工場の中で寝かせて植え付けることにします。残り物なので形も状態もイマイチですが、初のまともな収穫物ができるかどうかのテストなので、ダメもとで気楽にいこうと思います。土へ入れる前に、穴を10cm弱掘って、ペレット状の鶏糞を3粒ばかり入れて、少し土をかぶせ、種イモには灰のような粉状のカルシウムを切り口に塗って土をかぶせます。

IMG_5982

植えつけた後の様子です。中央付近にショベルを立ててありますが、全て真ん中付近に入れてあるので、後から必要になる培土なんかは端から土を取れるようにしました。多分いけるんじゃないか、と思います。

IMG_5831

おそらく、収穫できるとすれば来年の2月から3月にかけてなのでその間に庭の鉢物の移動や刈り払い機の修理、住宅西側の掃除などをしておこうと思います。メインイベントの工場の壁張りはどうなるかわかりません。今年で材料を買おうと思ってますが、どうなりますか…  それではまた次回に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再片付け5

以前に投稿していたデータを完全に元に戻すことができないので記憶を頼りに書き直していきます。よろしくお願いします。

IMG_5850

台風24号のあとではまだ上の状態でした。天気を見ながら少しずつ残す物とゴミを分別してやっと下の画像ぐらいまで来ました。

img_5974-1.jpg

さらに作業を進めていき、やっと工場らしくなりました!そしてこんなふうになりました!

IMG_5976

無負荷の状態ではリフトも作動OK。約2年ほど動かせなかったので少し心配でしたが、なんとかいけそうですね。ブログの編集のほうもイマイチですが、勉強しながらカスタマイズしていこうと思います。

それではまた。

 

再開

長い間更新もできず、それどころかブログのシステムが壊れてしまい、修復も完全にはできませんが、とりあえずまたブログを書いてみることにしました。

IMG_5853-EFFECTS

よろしくお願いします。