その他の作業2

今月も最終週となり、どんどん季節が変わってくるのがわかります。まだ昼間の気温が高いうちにやっておきたいものを紹介したいと思います。

今年大豊作だったグヮバです。収穫後に少しづつ剪定をしてましたが、成長が早くて大変です😅 だいぶすいたつもりですが幹の下の方は新たな葉っぱがどんどん出てきて、上の方は枝を伸ばしてます。

様子をみながら、東西へ枝を這わせるようにして高さをもっと抑えていきたいですね。そうすると実がついた時に収穫がラクにできそうです😅

続いてはこの厳ついヤツ💦 半分は作業をした後ですが、下の方から新しい茎がバンバン出てきてて、このままだとかなり横へ広がりそうだったのでちびっ子どもを抜いて、別の場所へ移植することにしました。

この時点では4本ですが、トータルで10本チビ助達を移植することになりました。

ここはヤコウボクの後ろあたり。外壁沿いに敷いてあるグリーンのカーペットの手前で、他のものと適当な間隔を取って地植えします。

だいたい40〜50cmくらいの間隔で北東の角、クチナシの木の横から入れてみました。こいつも大きくなるとどのくらいまで成長するのか、試してみます😎 予定では次回からアマリリスの間引きとなりますが、他の作業との兼ね合いでどうなるかわかりませんね😅 それではまた。

その他の作業

年の後半になって、ようやく大きめの木の剪定が終わり少し落ち着きました😊 年内にやってしまいたい作業がいくつかありますが、その前にちょびっとやってみました😅

夏に入る前だったかな?妻と相談して作っておいた自家製防虫剤です。ウチで取れたトウガラシの皮を4、5個分と中の種を少々米酢へ漬け込み、水道水で約1000倍ほどに希釈。そいつをいろんなものに吹きつけておきます。

妻の友人から頂いたコーヒーの木です。もう1本奥の方へ植えてありますが、背丈も枝葉の数も似たようなもんです😅 たぶん、去年に地植えしたと思いますが、近くにあるイヌマキや月桃なんかと比べるとそんなに早く大きくなっているわけではありません。様子をみながら育てていこうと思います😅 こいつにもたっぷり防虫剤をかけておきました。そのほかにマンゴーやライチ、トウガラシにバジルにも散布しておきます。

ここは昔からある井戸のあるとこです。こんなふうに囲ってから10年くらいは経つかと思いますが、外側だけを3年ぐらい前に白に塗装して内側は手をつけていませんでした。そこで以前にベンチや母の菜園の目隠しの壁で使ったペンキが余っていたので、今回は内側に塗ってみることにします。

とりあえず見える範囲だけハケ塗りで塗装😅 かなり雑ですがやらないよりはやったほうがいいみたいですね💦 これであと何年かは持ちこたえてくれると思います。

最後に一つ訂正があります💦 サガリバナは今年は10月にも開花してて初めて!と書いてましたが、ある方のご指摘で去年の12月にも開花していたことが発覚しました。大間違いをしないように画像と文章で残しているつもりですが、大チョンボです😩 大変申し訳ありません🙇‍♂️ これからも気をつけていこうと思います。それではまた。

 

 

西側外壁沿いのクロキ終了

前回からの続きです。上の方の太いのも落としたので、だいぶスッキリしてきました。

木に登らないとこの画像は撮れないので、下から見ては伝わりにくいです💦 この高さで3mかそれより少し高いくらい。もう少し低くしたいのですが、今のところはこんなもんでガマンです。

電動トリマーを使って、南側から北へ向かって3本のクロキの枝葉を整えていきます。それと一緒にクローバーなどの雑草も大まかに取っていきます。

掃除の途中ではありましたが、雲行きが怪しくなってきたため、この日はこんなもんで終了。時間を見てもう少しきれいにします😅

今年の大まかな枝打ちはこれにて終了😙 これからもっと高さを低く、枝を少なくして立体感を出せるようにしたいです。木の間に見える万能脚立がきたことで、作業がしやすくなりました😅 道具はひととおり揃ってきたので、あとはそれを使いこなすウデ💪があれば… まだまだ修行ですね😂

最後に、おそらく今年最後となるサガリバナの花です。10月の20日を過ぎて開花するのはウチのやつではホントに初めてのこと。年々進む温暖化?異常気象? そういうのの影響なのか、去年とは違う秋になってます。様子を見ながらいろんな事をやっていきたいですね😅 それではまた。

西側外壁沿いのクロキ6

雨にじゃまされたり、他の作業をしたりでなかなか進まなかったクロキ💦 やっと手をつけることができました。

この家に来てから、少しずつでも枝を切っているのであまり伸びすぎているわけではありません。それでも日陰のスペースが多くなるような暗い感じにはしたくないので、やっぱり切りたくなってしまいますね😅

前回の最後の画像が外壁のすぐそばの枝を落としたもの。これは掃除を終えて敷地側へ移る直前のものです。あまり伝わらないのはお許しを🙇‍♂️

敷地内へ戻って、6尺、180cmの脚立を使って、隣のクロキと接触するもの、上や外方向へ伸びていきそうなものを太枝用の鋏で切り落としていきます。

今回はこの程度の量で済みました😅 こいつらは毎年かなりの勢いで成長するので、どうしてもやらざるを得ない😩 やらないと後で倍返しで返ってくるので毎年少しでもやっておきたいですね。で、落とした枝を袋詰めにしてトリマーを入れる作業で一通り終了。もう少しですが、今回はここまでです。

 

芝のエリア

以前の夏場のように伸びすぎて大変😩 ということはありませんが、天気が崩れる?との予報なので少し早めではありますが、芝の刈り込みをしておきます。

撮影時が夕方でしたが、西日の影響でちとわかりずらい😅 画像上のほうのアマリリスから、トラロープで鉄筋に縛ってあるライチやトネリコの近辺の芝が急成長! パッションフルーツがなくなって日当たりが格段によくなったためだと思われます。

悪すぎる事はありませんが、ここいらで刈りカスの除去をしてみました😅

前回も出しましたが、根切り用の刈り刃と交換。

刈り高を5mm下げて15mmほどにして、芝の上の方へたまっている刈りカスを取りつつ、縦方向へ刈り刃を入れることで空き鋏を入れたような効果と、芝を起こすのが狙いです。根切りの時には5mmまで刈り高を落とします。

今回は東西へのラインで根切り用の刃で刈り込み。この時にはウェイトを付けずに上のほうを掃除する感じで刈り込みです。

今日のラインは北西から南東への斜めのラインです。ダメージがかなりありますが、今年は散水も少なめ、雨もいい感じには降ってくれなかったこともあるし、来年作戦を立て直してみます。

ついに最後のクロキ😊 まず、塀の外へ出ているもの、出そうなものを、とりあえずハサミで切り落とします。案外たくさん切り落としましたね😅 次回からは枝打ちに剪定と進めていこうと思います。今回はここまでです。 

 

 

バナナ解体

先日収穫したバナナですが、ひとつの木から結実は一回となっているようで、収穫後はかなり高い確率で枯れてしまいます。それで収穫後は解体することにしています😅

まず葉っぱを切り、本体をサポートから抜き取る角度を合わせ、極力地面に近いところへチェーンソーのブレードを入れて切り倒します。硬い木ではないのでラクショーでした😎

3mほどの長さを詰めて、いつもの45Lの袋へ入れていきます。重さ10kg以内となっているので、オーバーしないよう若干軽めにしておきました。

袋みっつほどに収めて、水曜日の収集日に出して終了です。

引き続き芝刈りに移りますが、今回はこれまでの刈りカスを取りながら、少しすいてみようと思います。

下刃とリール刃を取り外して、根切り用の刃と取り替えます。

取り替えるときにあっちこっち掃除したりしますが、目立って大きな損傷もなく、まあ調子いい方ですね。ですが、来年にはリール刃とベアリングを交換したいですね。下刃も場合によっては交換かな😩 今回はここまでです。

バナナ収穫!

クロキに移る前に芝のエリアも少しやっておきたいことが出てきて、まずはそれから片付けることにしました。

去年に続いて今年もバナナ結実😊 あまり大きな実ではありませんが、少しづつ黄色くなってきたので鳥にやられる前に収穫、追熟をします。

まずは実がついている部分を本体から切り離します。それと、下の方の実にならなかった部分も切り落とします。

これらは本体から切り離した際に房を取り損ねてしまい、地面に落下させたときに房から外れてしまった実です。大チョンボ😩

だいたいいつもこういう感じで、直射日光に当たらず風通しのいい場所へ吊るしておいて、青いのが黄色く色付き、そこそこ柔らかくなるまで待つことになります。

房を吊るすときにもチョンボして、上の方の黄色いのがいくつか外れてしまいました😂 そういうのも捨てずに何日かおいて追熟させます。の、はずですがどんな味がするのか、どうしても食べてみたくなり、一つ試食してみました。甘さイマイチ、少々堅め😅 食べられないことはありませんが、あと1日、2日ほど置いて様子をみたほうがよさそうですね💦

最後に半透明の袋で房の部分を包み、鳥からの攻撃を防ぐ処置をして、色づくのを待つだけとなりました😅 風雨が強くなったら井戸の場所へ避難させることにして、今回は終了です。次回はバナナの木の解体と芝刈りです😩 全体がかなり水分でいっぱいなのでそこそこの重さになりそう。袋二つか三つぶんになりそうですね。今回はここまでです。

 

ヨウテイボクとポインセチア

花壇のヨウテイボクを剪定してみます。これも年に複数回やらないと大変です💦

サガリバナとクロキに挟まれた格好のヨウテイボクです。これもあまり放っておくとすぐにあっちこっちへ枝を這わせ、上にもどんどん伸びていくのでこのくらいでも切っておくほうが無難ですね😅

上の方へはクロキと下りバナよりも低く、横幅は極力その二つへ触らない程度、駐車スペースへ大きくはみ出さない、といったところに気をつけてハサミを入れてみました。なんかしっくりきませんが、どうせすぐに伸びてくるのでそのときに考えることにして、次へ移ります。

門の北側、ポインセチアです💦 これも年に複数回剪定しますが、12月に一番いい状態になってくれるかどうかヒヤヒヤもんです😅 夏場はかなりバッサリいってもまたすぐに復活するので問題ありません。気になるのはこれから先です。こんな暑いところでもクリスマスの時期には枝の先が赤くなるのでその時期に合わせていい状態に持っていきたいです。

かなりバッサリいってみました😅 今回は新しい茎も残さず、思い切ってハサミを入れてあります。

前回、新しく出てきたものを必ずしも残さなくとも新たに芽吹いてくるのが確認できれば、容赦無く茎から切り落としました😅 今年の雨量は平均的にはボチボチなようですが、長い間降らずに、突然狂ったような大雨が降る😱 という感じでした。なので例年と違うことでもいいかな?とテスト的な感じで剪定してみました。うまくいくといいのですが…

やっとバナナが黄色く色づいてきました😊 次回はこの房を切り落として追熟させる準備に入ります。雨が降らなければ、の話ですが雲行きはかなり怪しくなってますね😂 天気には勝てないのでその時の状況をみて動くことにします。それではまた。

 

 

移植13

前回紹介したグヮバの挿し木を速攻で地植え💦 鉢を返してきました😅

敷地の北側の外壁沿いです。ここはグヮバが4本ばかしあって、そのうちの1本を抜いて妻の友人へあげるために鉢へ移植。で、その近辺へ叔父から頂いた種無しグヮバを地植えします。

新しく仲間入りするグヮバを入れるところへ、肥料を混ぜた土を敷いておきます。

叔父が作ってくれた挿し木はこれから根っこが出てくるので、深さもそこそこでOK。問題は妻の友人へあげる物です💦

幹の真下には根っこが無く、地中でL字型に曲がってました😱 毛細根も曲がった先のところへ多く出ていてそこまで入れられる鉢もない😢 なので途中で根っこを切り落とし、ヒゲみたいなのが2本だけ💦 これでいけるかどうかとにかく鉢へ入れてみます。ピントがブロックに合ってしまい申し訳ないです🙇‍♂️

枝をさらに切り落として負担を少しでも軽くしてあげて、この状態から新芽が出れば持っていくことにします。画像の奥の方に見える曲がった地中の幹😅 どうなることやら…

落とした枝で適当なヤツを選んで、挿し木を増やしておきました。最近はグヮバやビワがよく育っているので、挿し木も増やしておけば成功する確率も高くなるかと思います。次回からはヨウテイボクとポインセチアの剪定に移ります。それではまた。

 

 

準備

こっち側でも次のクロキに入る前の小さいものをやっておこう、ということで準備のタイトルにしました😅 

最近から開花してくれていますが、一晩限りなのでどうしようもない😢 朝になるとすぐに落ちてしまうし、強風と雨の追い打ちもあって真夏の時よりも儚く感じます。

他所の家では10月まで咲いているところもあるようですが、ホントにうちではみたことないです💦  今年の夏も暑かったんだな、と感じますね。

花壇にあるヨウテイボクです。今のところ高さは押さえ込んでますが、横の方向と内側でモサっとなっているところを剪定する予定。これも放っておくとかなり高く伸びるので、両隣にあるサガリバナとクロキよりも低く抑えるようにしてます。伸ばし過ぎは後で大変なことになるので要注意!

これはなんてことないグヮバの挿木に見えますが、なんと種無し!証拠写真がないので申し訳ありませんが、家から少し離れたとこに住んでる叔父からいただきました😙 その叔父の庭にあるグヮバから実をもいで試食させてもらいましたが、ほんのり甘くて確かにタネがない💦 外観で大きく変わるのは実の大きさがウチのものよりも倍以上大きなものでした。早めに地植えしようと思います😎

昨夜の半月です。夕方の6時半くらいになるとだんだん暗くなってくるので、作業やムギとの散歩もそれに合わせて早めに終わらさないといけないのがちょっと残念です😢 その分昼間の暑さもだいぶ和らいできてて、クルマの仕事が入らないうちにいろんなことをやってしまいたいと思います😅 次はグヮバの地植えにヨウテイボクとポインセチアの剪定、そしてクロキの枝打ちといきたいところです。それではまた。