ツバキ剪定終了

前回からの続きです。この角度からはあまり撮影しませんが、ここへ向かって日の光を入れたいのでもう少しすいてみます。白のフェンスへさらに青の網をかけて目隠しをしてますが、北東の角からクチナシ、コーヒー、イヌマキ、クロキとそこそこ大きくなるのが入っているので、ツバキの葉っぱのラインをもう少し上に上げて、さらに内側からすいていくことにします。

上のほうにまたしても鳥の巣がありました😅 もう使ってないはずなので今回は撤去。外からはそんなに見えないので、また次に遊びに来てほしいです😊

木の内側から上へ伸びていくヤツも切り落として、太陽の光を上から通すイメージで枝を落としていきます。けっこうな量を切り落としました💦

落とした枝葉の片づけ中。これは終わり頃のものですね。

だいぶ隙間ができたのですが、画像ではそんなに伝わらないのが残念😂 

ツバキの隣にある脚立が6尺、180cmのものですがそれに登って葉っぱのラインを上げてみました。脚立に隠れて見えづらいですが、イヌマキがあって去年だけで1mほど伸びました。イヌマキも高さを調整してヤコウボクやクチナシぐらいに抑えれば充分目隠しになるはず。ツバキは下へ葉っぱを出さないようにして、今回はこれで様子をみます。

袋づめしたのは撮影してませんが、45L用の袋が7個😂 その量の葉っぱや花が落ちてこない、というのはとても助かります😊 外の電線にも影響がなく、住宅の屋根の上の太陽光発電パネルにも影響のないように枝を這わせていくのが理想😅 樹齢70年超のツバキですが、祖父からの代でここへ植えられたと聞いていますが、時代が変わってもがんばって育てていこうと思います😙 それではまた。